≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NEW

すこし遅くなりましたが、備忘録として。

11月19日、ポール・マッカートニーのライブに行ってきました。最高にチャーミングで、セクシーで、ロックな71歳に、圧倒されつづけた2時間半でした。この日のセットリストはこちら

うれしかったのは、ビートルズで最も好きな『Blackbird』が聴けたこと。年を重ね深みの増した歌声、ギターの音色、バックに流れる映像が一体となって、まるで短編映画を観ているような美しさでした。MCのなかで、公民権運動の渦中にあった黒人女性を励ますためにつくられた曲と分かり、これまで以上に、この歌が好きになりました。

冒頭ウクレレで演奏した『Something』、皆で合唱した『Hey Jude』(ポールの「Come on, girls」の呼びかけがセクシーすぎ!)、福島に捧げると言って歌った『Yesterday』も、強く印象に残りました。この日は、他の日本公演ではやらなかった『I Saw Her Standing There』なども演奏され、すこし得した気分にもなりました。

ビートルズ時代の楽曲はもちろん、新譜『New』 からの選曲がとてもよかったので、遅ればせながら購入。シングルカットされた『New』の前向きな歌詞、馴染みやすいメロディ、ビートルズ時代を進化させたようなアレンジ、どれをとっても素晴らしい! アルバム全体をとおして、クオリティの高い、ゴージャスな1枚になっていると思いました。

才能を一気に開花させたビートルズ時代のポールも大好きだけれど、曲を作り、ステージに立ち続け、瑞々しく生きる今のポールが最高にかっこいい。これからもずっと、ポールの新しい曲を聴きつづけたい。心からそう思います。

NEWNEW
(2013/10/14)
ポール・マッカートニー

商品詳細を見る

| 音楽 | 08:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

記憶

Hirosaki_1
Rolleiflex2.8FXenotar80mmF2.8+ILFORDDELTA400PRO

2012年5月、青森県弘前市にて。

今年も早いもので、残り2カ月半となりました。駆け足で過ぎていく時間のなかで、ふと立ち止まり、思い出すのは、いまは亡き恩師、友人、そして子どもの頃に飼っていた猫やセキセイインコのこと……。

懐かしい記憶。

| 写真 | 07:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホノルルマラソン

ひょんなことから、「JALホノルルマラソン2013」に参加することになりました。大会まで約3カ月。フルマラソンは初めてなので、まずは完走目指して頑張りたいと思います! 

昨年秋から走り始め(正確には約10年ぶりの再開)、最近では、生活の一部になってきました。太陽の眩しさや、吹き抜ける風の心地よさを、長いあいだ、忘れていた気がします。

ハワイに行くのも初めてなので、写真を撮るのが楽しみ♪

| 日記 | 08:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

森谷 修 個展「バリの祈り」 

日曜日、写真家・森谷修さんの個展「バリの祈り」を見に、湘南江の島へ。音の消える一瞬を切り取ったような、静謐なモノクローム写真。黒の美しさに引き込まれました。

8月22日(木)まで。

| 日記 | 12:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャン・コクトーが手がけたヴィラ

Saint-Jean-Cap-Ferrat_1

南仏サン・ジャン・カップ・フェラにて。

写真は、ジャン・コクトーが数多くの壁画を手がけたヴィラ「サント・ソスピール(Santo-Sospir)」。中央は、太陽王アポロン。左右にヴィルフランシュの漁師たち。

Saint-Jean-Cap-Ferrat_2

食事の間にかかっているタピスリー「ユディトとホロフェルネス(Judith et Holopherne)」も、ジャン・コクトーがデザインしたもの。

Saint-Jean-Cap-Ferrat_3

寝室へと続く階段に描かれているのは、「眠りの天才(Le Genie du Sommeil)」。左手に持っているのはハイビスカスの花。

Saint-Jean-Cap-Ferrat_4

ヴィラの所有者は、コクトーの友人で、パトロンヌだったフランシーヌ・ヴェズヴェレール。1950年、彼女の勧めで静養にやってきたコクトーは、このヴィラで、はじめて大がかりな壁画に取り組みます。

その後も、ヴィルフランシュのサン・ピエール礼拝堂、マントン市庁舎の婚礼の間など、美しい作品を残しています。

| 写真 | 09:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。