PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

春を恨んだりはしない

Fleur_32
Hasselblad 503CX+Makro-Planar CF120mm F4+Kodak TRI-X400

またやって来たからといって
春を恨んだりはしない
例年のように自分の義務を
果たしているからといって
春を責めたりはしない

わかっている わたしがいくら悲しくても
そのせいで緑の萌えるのが止まったりはしないと

ヴィスワヴァ・シンボルスカ『眺めとの別れ』(沼野充義訳)

池澤夏樹さんの著書『春を恨んだりはしない』(中央公論新社)のなかで引用された詩の一節です。昨年の4月下旬、岩手県宮古市をめざし羽田空港に向かっていたとき、偶然、池澤さんをお見かけしたのでした。きっと彼も東北へ行くのだろうと思いました。そして答えは、この本のなかにありました。

東北には、あれから十回ほど足を運びました。回を重ねるほどに、言葉が遠ざかっていきます。自分の口で伝えたいことは山ほどあるというのに。

この本には、わたしが伝えたかったことの多くが書き記されています。わたしにとって、ちいさな救いとなりました。

春を恨んだりはしない - 震災をめぐって考えたこと春を恨んだりはしない - 震災をめぐって考えたこと
(2011/09/08)
池澤 夏樹

商品詳細を見る

| | 22:57 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

春を恨んだりしない

こんばんは、noriko222さん。
最新のフランスの風景の写真、
何だか細部を見てしまいます。
家具が、ドアが、それぞれ
自分らしさ(オリジナリティ?)を持っている感じがして
嬉しくなります。
それと、この記事
「春を恨んだりしない」
この作家さんの作品は読んだことは
ありませんが、この言葉に
ずっと引っかかってます。
春を恨んだりしない、ということは
主人公は今、夏か、秋か、冬なんでしょうか、
いろんなことを想像してしまいますね。
また、お邪魔します。

| kozoh55 | 2012/06/30 23:44 | URL |

Re: 春を恨んだりしない

kozoh55さん、こんばんは。

> こんばんは、noriko222さん。
> 最新のフランスの風景の写真、
> 何だか細部を見てしまいます。
> 家具が、ドアが、それぞれ
> 自分らしさ(オリジナリティ?)を持っている感じがして
> 嬉しくなります。

こちらこそ、嬉しいコメントをありがとうございます!
フランスでは、人だけでなく、建物も家具も、
個性的なのかもしれないですね。
こういった佇まいは、長い時間をかけて
つくられるもののような気がします。

> それと、この記事
> 「春を恨んだりしない」
> この作家さんの作品は読んだことは
> ありませんが、この言葉に
> ずっと引っかかってます。
> 春を恨んだりしない、ということは
> 主人公は今、夏か、秋か、冬なんでしょうか、
> いろんなことを想像してしまいますね。
> また、お邪魔します。

この詩は、シンボルスカさんが
夫を亡くされた後に書いたものだそうです。
春に書かれた詩なのかな、と思います。
どんなに哀しみに沈んでいても、
花はいつものように咲き、緑はいつものように萌える。
自然は待ってはくれない、ということなのでしょうね。

この詩を読むと、1年前の春に
いつもと変わらず綺麗に咲いていた桜を思い出します。

ぜひまたお立ち寄りくださいね。

noriko

| le chat tigre | 2012/07/03 01:24 | URL |

こんばんは

norikoさん
私のブログに何度も遊びに来て下さって
ありがとうございます。
ブログを始めて半年、ブログタイトルを
今回、変えることにしました。
不思議なもので、飼えてから前のタイトルが
勿体ないような気がしたり、
一気に誰も見に来てくれなくなったら
どうしようと思ったりしたものです

結局、シンボルスカさんの
「春を恨んだりしない」という言葉が
ずっと私の心から離れなくなってしまい
そのたびにnorikoさんのブログにお邪魔して
詩を読んでました。
結局、昨日、アマゾンで詩集を一冊、購入しました
一つの言葉にこれほど引っかかるなんて
初めてなのです。

私自身が数十年前に仙台で学生時代を送った
事から、友人の何人かは震災により
家族を亡くされました。
浪江町の方は、両親と甥、
先日連絡を取れた石巻の友人はご主人
どんな言葉がふさわしいのかなと
考えれば考えるほど
言葉が出なくなってしまうのです。
勝手なんでけど、
そろそろ、まずは言葉をかけなきゃねえって、
やっと思い始めたところです

明日あたり、シンボルスカさんの詩集が
来るかもしれません。
読み終えましたら、感想を
是非ともコメントさせてください。
また、お邪魔します。

kozoh55

| kozoh55 | 2012/07/12 00:29 | URL |

ありがとうございます

こんばんは、norikoさん。
何度も私のブログを訪ねて来て下さって
嬉しいです。
シンボルスカさんの「終わりと始まり」
という詩集を入手して、今日、
読み終え、1回目です。
やっぱり、深くて重いのかもしれませんね。
ただ、自分のブログのタイトルに「小僧」という
言葉を使っているのが、
悩み続ける生き方を選択しているという
意味ですので、
少しはシンボルスカさんの言葉に
共感をおぼえたかなあって
そんなくらいです。
ブログで新しい詩や詩人に出会えるのって
幸せです。
機会を与えてくださったnorikoさん
改めて、ありがとうございます
勝手ながら、またお邪魔します。

| kozoh55 | 2012/07/15 01:08 | URL |

Re: ありがとうございます

kozoh55さん、コメントをありがとうございます。

連休中は、宮城県女川町へボランティアに行っておりました。
今日、東京に戻ってまいりました。

> こんばんは、norikoさん。
> 何度も私のブログを訪ねて来て下さって
> 嬉しいです。
> シンボルスカさんの「終わりと始まり」
> という詩集を入手して、今日、
> 読み終え、1回目です。
> やっぱり、深くて重いのかもしれませんね。
> ただ、自分のブログのタイトルに「小僧」という
> 言葉を使っているのが、
> 悩み続ける生き方を選択しているという
> 意味ですので、
> 少しはシンボルスカさんの言葉に
> 共感をおぼえたかなあって
> そんなくらいです。
> ブログで新しい詩や詩人に出会えるのって
> 幸せです。
> 機会を与えてくださったnorikoさん
> 改めて、ありがとうございます
> 勝手ながら、またお邪魔します。

シンボルスカさんの詩集、読まれたのですね!
わたしもぜひ、『終わりと始まり』を読んでみようと思います。

そういえば以前、同僚の1人が
「人生はチャレンジの連続」と言っていました。
人生がつづく限り、きっと悩みもつづくのでしょうね。
わたしもたくさん悩んで、よりよく生きたいと思います。

またブログを訪問させていただきますね。
ではでは。

noriko

| le chat tigre | 2012/07/16 20:27 | URL |

結局

遠回りしながら、
池澤夏樹さんの「春を恨んだりしない」をネットで
手配しました。
こんばんは、noriko222さん
日本人の作家がシンボルスカさんの詩と
3.11とをどうつなげていくのか
読んでみたくなったのです
これまた楽しみが増えました
明日には来そうです
3連休の間、女川町にボランティアに
行ってらしたのですね
お疲れ様です
改めて感じているのですが
この記事のトップの写真は
norikoさんが撮ったものですよね
いつ、どこで撮ったのかしら
ふとそんな質問をしたくなりました
差支えない範囲で
教えて下さると
嬉しいです

| kozoh55 | 2012/07/20 23:45 | URL |

Re: 結局

kozoh55さん、コメントをありがとうございます。

> 遠回りしながら、
> 池澤夏樹さんの「春を恨んだりしない」をネットで
> 手配しました。
> こんばんは、noriko222さん
> 日本人の作家がシンボルスカさんの詩と
> 3.11とをどうつなげていくのか
> 読んでみたくなったのです
> これまた楽しみが増えました
> 明日には来そうです
> 3連休の間、女川町にボランティアに
> 行ってらしたのですね
> お疲れ様です
> 改めて感じているのですが
> この記事のトップの写真は
> norikoさんが撮ったものですよね
> いつ、どこで撮ったのかしら
> ふとそんな質問をしたくなりました
> 差支えない範囲で
> 教えて下さると
> 嬉しいです

池澤夏樹さんの本、購入されたのですね。
震災直後から、何度も現地を訪れて取材された方なので、
貴重な資料にもなっていると思います。

ブログのトップの写真は、2、3年前に谷中で撮ったものです。
たしか谷中霊園の近くだったような……。
お近くを散歩の際には、ぜひ探してみてくださいね。

noriko

| le chat tigre | 2012/07/22 11:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tokyosight.blog121.fc2.com/tb.php/407-43a94e9d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。