2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

春を恨んだりはしない

Fleur_32
Hasselblad 503CX+Makro-Planar CF120mm F4+Kodak TRI-X400

またやって来たからといって
春を恨んだりはしない
例年のように自分の義務を
果たしているからといって
春を責めたりはしない

わかっている わたしがいくら悲しくても
そのせいで緑の萌えるのが止まったりはしないと

ヴィスワヴァ・シンボルスカ『眺めとの別れ』(沼野充義訳)

池澤夏樹さんの著書『春を恨んだりはしない』(中央公論新社)のなかで引用された詩の一節です。昨年の4月下旬、岩手県宮古市をめざし羽田空港に向かっていたとき、偶然、池澤さんをお見かけしたのでした。きっと彼も東北へ行くのだろうと思いました。そして答えは、この本のなかにありました。

東北には、あれから十回ほど足を運びました。回を重ねるほどに、言葉が遠ざかっていきます。自分の口で伝えたいことは山ほどあるというのに。

この本には、わたしが伝えたかったことの多くが書き記されています。わたしにとって、ちいさな救いとなりました。

春を恨んだりはしない - 震災をめぐって考えたこと春を恨んだりはしない - 震災をめぐって考えたこと
(2011/09/08)
池澤 夏樹

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| | 22:57 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。