2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏の記憶#1

Ohmihachiman_1
Rolleiflex 2.8F Xenotar 80mm F2.8+Kodak TRI-X400

ヴォーリズ建築に魅せられた夏の日の午後。
スポンサーサイト

| 写真 | 22:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パリのパッサージュ

Paris_43
Rolleiflex 2.8F Xenotar 80mm F2.8+Kodak TRI-X400

パリのパッサージュ。

大きなイベントがひとつ終了。不安材料が多かったけれど、なんとか形になってよかった。夏休みも、お盆休みも終わって、ふたたび怒涛の日々に突入です。

| 写真 | 01:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パリの夏休み

Paris_42
Rolleiflex 2.8F Xenotar 80mm F2.8+Kodak TRI-X400

パリの夏休み。

8月も後半。夏の終わりは、いつも寂しい。

| 写真 | 23:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨のパリ

Paris_41
Rolleiflex 2.8F Xenotar 80mm F2.8+ILFORD DELTA 400 PRO

雨のパリ。

これから1日だけ帰省してきます。新幹線、混んでいないといいな。

| 写真 | 14:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ローライの才分

Provins_1  
OLYMPUS PEN E-PL2+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

愛機ローライフレックス。

「Superbe(すばらしい)! ちょっとファインダーをのぞかせてよ」「父親が昔使っていたんだ。懐かしいな」「ローライフレックス、最高!」などなど、ローライを連れてパリの街を歩いていると、ほんとうに数えきれないぐらい大勢の方から声をかけられました。

このカメラと一緒だと、世界中の人と仲良くなれる気がします。描写もすばらしいし、あらためて、すごいカメラだなあと思います。

| 写真 | 23:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫のいるホテル

Paris_40_1
OLYMPUS PEN E-PL2+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

かくれんぼ。

Paris_40_2

今回宿泊したのは、カルチェ・ラタンにあるホテル「Saint-Paul Rive Gauche(サン・ポール・リヴ・ゴーシュ)」。「スプートニク」という可愛い猫がいるというので、会うのを楽しみにしていたのですが、残念ながら昨年18歳で亡くなったとのことでした。新ホテルマンに就任したのが3代目の「スカイプ」(11カ月)。このホテルでは、黒猫を飼うのが伝統なのだとか。

Paris_40_3

まだまだ幼いスカイプは、やんちゃで、人懐っこくて、とにかく可愛いんです。好奇心旺盛で、外が気になって仕方がないようす。近所のトラ猫がときどき冷やかしに来るので、そのたびに興奮して大騒ぎでした(笑)。いいなあ、猫ほしいなあ。本気で心が揺れてしまうなあ。

| 写真 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レ・ゼディトゥール

Paris_39
OLYMPUS PEN E-PL2+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

パリのカフェ・レストラン「レ・ゼディトゥール(Les editeurs)」にて。

レ・ゼディトゥールとは、「編集者」のこと。店名からも想像がつくとおり、壁一面にはびっしりと本が並んでいます。お店の雰囲気がよく、食事もおいしいので、朝食からディナーまで、滞在中よく通いました。パリを訪れた時は、ぜひ。

Les editeurs(レ・ゼディトゥール)
住所:4, carrefour de l'Odeon 75006 Paris
メトロ:Odeon(オデオン)駅で下車

ウェブサイトはこちらから
http://www.lesediteurs.fr

| カフェ | 23:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パリ覚え書き、その2。

パリ滞在4日目以降、夏らしい天気がつづいています。陽射しが強いので、すっかりいい色に焼けてしまいました。またそばかすが増えてしまいそう……(泣)。

以下、覚え書きのつづき。30日は、サント・シャペルのステンドグラスを眺めたり、北マレ散策やパッサージュめぐりを楽しんだり。夜遅くまで開いていることに気がついて、ポンピドゥーセンター内にある国立近代美術館にも足を運んできました。

留学時代、図書館は何度か利用したことがあったけれど、美術館をじっくり見たのは意外にも初めてのような気が……。そんなこともあり、思いがけずアンリ・カルティエ・ブレッソンや、ロベール・ドアノー、ブラッサイの写真を見つけた時は、舞い上がってしまいました。

なかでもエルンスト・ハースのオリジナルプリントは、今まで見たことがなかったので、すごくうれしかった。あの色、憧れてしまうな。

31日は、中世美術館で「貴婦人と一角獣」のタペストリーを見てから、モンパルナスのラ・クーポールへ。一度食べてみたかった名物の子羊のカレー、美味しかった。その後は、トロカデロからアレクサンドル3世橋まで歩きながらエッフェル塔を撮ったり、セーヌ川を眺めたり。

8月1日は、パリから電車で1時間半ほどの場所にある中世都市プロヴァンへ。真っ青な空の下、可愛らしい街並みがつづいていて、散策が楽しかった。夜は留学時代の友人とディナー。お喋りが尽きなかった。

さて、パリの休日も残りあと1日。今日はどんなふうに過ごそうかな。

| 日記 | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。