2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

南仏の色

Roquebrune_5
CONTAX G1+Planar T*35mmF2+Kodak PORTRA 160NC

南仏のロクブリュヌにて。

パリにはモノクロが似合うけれど、南仏はやっぱりカラーで撮りたくなります。フィルムの素朴な質感も、中世の村に合っている気がします。早く、ハッセルで撮ってみたいな~。
スポンサーサイト

| 写真 | 23:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モノクロのパリ

Paris_28
CONTAX G1+Sonnar T*90mmF2.8+Kodak T-MAX 400

パリのパッサージュにて。

今朝、仕事で鵠沼海岸へ出向いたあと、渋谷に戻り、もうひとつのグループ展打ち合わせへ。こちらは今年2月に参加したアラスカツアーの写真展で、11月下旬に開催予定。はじめての写真展なので、後半はバタバタしそうです。

アラスカの写真はさすがに撮り直せないので、すでにあるものから選ぶことになりますが、もうひとつのほうは昨日テーマが決まったので、すこしずつ撮り始めようと思います。

| 写真 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そろそろ

Fleur_23
EOS 7D+Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE

そろそろ、出かける準備をしないと。

今日は、写真クラスの仲間と撮影会。場所を移して、学校で授業を受けたあと、来年1月下旬のグループ展に向け、打ち合わせをする予定です。中身の濃い1日になりそう。

| 写真 | 12:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日曜日は。

RojiNeko_14
EOS 7D+Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE

立ち上がると、凛々しい♪

日曜日は、今月2回目の暗室。このコの写真をプリントしたかったのですが、フィルムの現像が間に合わず、泣く泣く断念。自分でできるようになれば、こういうストレスもなくなるんだろうなー。やっぱり頑張ってみようかな。

暗室のあとは、友だち(といっても猫ではなく、綺麗女子)の写真を撮らせてもらう予定です。ベリーダンス、うまく撮影できるといいなあ。


| 写真 | 23:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

親友

RojiNeko_13
EOS 7D+Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE

神楽坂の親友と、久しぶりの再会♪

「撮らせてくれる?」と訊ねたら、塀の上に飛び乗って、ポーズをとってくれました。くるくると変わる表情が、もう可愛くて、可愛くて。これ以上、好きになったらどうしよう(笑)。

| 写真 | 22:57 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お預け

Roquebrune_4
CONTAX G1+Planar T*35mmF2+Kodak PORTRA 160NC

南仏のロクブリュヌにて。

これまでも時々、CONTAX G1で撮っていたのですが、最近はEOS 7Dと変わらない頻度で外に持ち出すようになってきました。今さらだけれど、フィルムの楽しさにハマっています。

土曜日の暗室WSはというと、ハッセルで撮った写真をプリントしようと意気込んでいたのですが、露出が厳しく、初心者のわたしには手強そうだということで、お預けに。こちらは、自由に暗室が使える今度の日曜日に、あらためて試してみようと思います。うまく焼けるといいな~。

それにしても、モノクロは奥が深いです。撮る前にきちんと仕上がりをイメージしておかないと、モノクロの魅力が引き出せなくなってしまうんですよね。カラーと比べると、誤摩化しがきかない難しさがある気がします。まだまだ道のりは長そうです。

| 写真 | 08:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ル・コルビュジエを訪ねて

Roquebrune_3
CONTAX G1+Planar T*35mmF2+Kodak PORTRA 160NC

南仏・ロクブリュヌにある、ル・コルビュジエの墓を訪ねる途中で。

ハッセルで撮ったフィルムの現像が上がってきたのですが、家にブローニー対応のスキャナーがないことをすっかり忘れてました……。土曜日の暗室、大丈夫かな。ちゃんと撮れているといいのだけれど。

このところ銀塩に回帰しつつあるので、ブローニー判も取り込めるフィルムスキャナーの購入を真面目に検討してもいいかもしれないな~。それにしても、わたしは一体、どこに向かっているんでしょうね……。

| 写真 | 23:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

憧れのカメラ

Fleur_22
EOS 7D+EF-S 15-85 IS USM

ひょんなことからお知り合いになった方が、ご好意で貸してくださった名機ハッセル。ずっと憧れていたそのカメラで、生まれてはじめて写真を撮らせていただきました。

ファインダー越しに見える世界があまりに美しくて、終始ドキドキ。シャッターを切っているうちに、すっかり恋に落ちてしまいました~。爽快なシャッター音がいまも心地よく耳に鳴り響いて、片時も頭から離れません。いつまで我慢できるか、すっかり自信がなくなりました(笑)。

夕方、フィルムを現像に出したので、上手く撮れているのがあれば、土曜日に暗室でプリントしてみようと思います。失敗していないといいなあ。

| 写真 | 23:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

単衣

Kimono_7
EOS 7D+EF-S 15-85 IS USM

今日は、恒例の着物部@小笠原伯爵邸。パエリアが美味しかった~。

6月に入り、袷から単衣の着物に衣替え。半襟や帯揚げ、帯締めも夏物に変更です。またひとつ季節がめぐったことを実感。

| 着物 | 23:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロクブリュヌからの眺め

Roquebrune_2
EOS 7D+Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE

南仏のロクブリュヌにて。

海辺のホテルから、中世の村を目指し、ひたすら階段を上ること30分。村の頂に建つ、なかば朽ち果てた城からの眺めは、まさに息をのむような絶景でした。

この景色を見た帰り道、大好きな作家ロマン・ガリが1950~57年まで住んでいた家を偶然見つけたのでした。外交官として各地を飛び回っていたガリが、Lesley Blanchとこんな場所に居を構えていたなんて、想像もしませんでした。ここまでくると、サプライズというより、もはやミラクル。

ロクブリュヌで過ごす時間は、きっと穏やかで、満ち足りたものだったのでしょうね。

| 写真 | 08:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。