| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

The Berkeley

London_8_1

ロンドンのバークレーホテルにて。

London_8_2

ファッションをイメージしたアフタヌーンティー「Prêt-à-Portea」。カラフルなティーセットは、ポール・スミスがプロデュースしたもの。

London_8_3

こんなお洒落なお菓子も。ちゃんと食べられました(笑)。

London_8_4

はじめて体験する、モダンで、スタイリッシュなティータイムでした。

The Berkeley
Wilton Place, Knightsbridge, London SW1X 7RL, United Kingdom
最寄り駅:Knightsbridge

ウェブサイトはこちらから
http://www.the-berkeley.co.uk/
スポンサーサイト

| カフェ | 22:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レ・ゼディトゥール

Paris_39
OLYMPUS PEN E-PL2+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

パリのカフェ・レストラン「レ・ゼディトゥール(Les editeurs)」にて。

レ・ゼディトゥールとは、「編集者」のこと。店名からも想像がつくとおり、壁一面にはびっしりと本が並んでいます。お店の雰囲気がよく、食事もおいしいので、朝食からディナーまで、滞在中よく通いました。パリを訪れた時は、ぜひ。

Les editeurs(レ・ゼディトゥール)
住所:4, carrefour de l'Odeon 75006 Paris
メトロ:Odeon(オデオン)駅で下車

ウェブサイトはこちらから
http://www.lesediteurs.fr

| カフェ | 23:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリンタイム

Roji_24
EOS 7D+EF-S 15-85 IS USM

神楽坂の赤城神社内にある「あかぎカフェ」で、プリンタイム。

老朽化による本殿建て替えに伴い、カフェもすっかりモダンに。以前の赤城神社の趣が懐かしくもあるけれど、境内でのんびり時間を過ごしていると、不思議と心が落ち着くんですよね。

くよくよしている時に訪れる、大好きな場所です。

あかぎカフェ
東京都新宿区赤城元町1-10
TEL:03-3235-6067
営業時間:10時~22時

| カフェ | 22:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

mugimaru2

Roji_16_1
EOS 7D+EF-S 15-85 IS USM

一週間前の空。先週の土曜日は、写真日和だったのですが、今日はぐずついた天気で、すこし残念。

Roji_16_2

写真は、神楽坂のmanju cafe「mugimaru2」。できたての小麦マンヂウが美味しいお店ですが、いっぽうで猫カフェとしても有名です。ここで働いている3匹の猫たち(れっきとした従業員だそうです)、ほんとうに可愛いんですよ~。このブログでも、さりげなく登場しています。

Roji_16_3

詩人でシンガーソングライターの友部正人さんも、ライブや取材で何度もこのカフェを訪れているんですよね。友部さんの才能に淡い憧れを抱いていた私は、はじめて知ったとき、すごく驚きました。

mugimaru2も、はや5周年とのことで、12月8日には、友部正人さんと原マスミさんをお迎えして記念ライブが開かれるそうです。興味のある方は、mugimaru2のホームページでチェックしてみてくださいね。

mugimaru2のウェブサイトはこちら
http://www.mugimaru2.com

友部正人さんのウェブサイトはこちら
http://www5a.biglobe.ne.jp/~hanao/tm-index.htm

| カフェ | 19:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オランジュリーでアフタヌーン・ティー

London_1
RICOH GR DIGITAL II

ロンドンのティールーム、ザ・オランジュリーにて。

オランジュリー(orangery/orangerie)とは、オレンジの温室のこと。写真のティールームも、パリのオランジュリー美術館も、かつては温室として使用されていました。貴族にとって温室は、豊かさの象徴でもあったようです。

ザ・オランジュリーは、1704年に即位して間もないアン王女のために作られたものなのだとか。冬場にオレンジの木を保管するだけでなく、夏にはゲストを招いて舞踏会を開くこともあったそうです。

こんな場所でアフタヌーン・ティーなんて贅沢すぎる気もしますが、有名どころのティールームよりずっとリーズナブルで、スコーンもケーキも美味!雰囲気もとてもいいんです。

あまり人には教えたくない、とっておきの場所です♪

The Orangery
Kensington Gardens, London W8 4PX
最寄り駅:Kensington/Queensway

| カフェ | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。